葬儀業者の選び方|新たなお墓の形である納骨堂について考えてみた

新たなお墓の形である納骨堂について考えてみた

葬儀業者の選び方

礼をする女性

葬儀業者を選ぶ際には、故人の逝去から時間を空けるわけにはいかないとはいえ慎重に選びましょう。余裕を持って慎重に選ばないと、葬儀業者から思わぬ高い金額を請求される事があります。
葬儀業者を選ぶ際には、落ち着いて以下の点を重視しましょう。

葬儀業者を選ぶポイント1:過去に問題を起こしていないか

葬儀業者の候補の見当がついたら、まずはその業者名で検索してみましょう。または過去にその葬儀業者を利用した人が縁者にいるようなら、その評判をチェックします。
葬儀は故人を見送る、大切な場です。過去に問題があった業者は極力避けましょう。

葬儀業者を選ぶポイント2:確かな実績があるか

最近ではどの葬儀業者も、自社のホームページを持っています。そのホームページに「第三者の声」や「葬儀会場の写真」が多く載っているようなら、その業者は信用できます(ただ葬儀の場合、デリケートな部分が多くあまり情報は載っていないかも知れません)。

葬儀業者を選ぶポイント3:明朗会計かどうか

葬儀はとにかく遅くならないように急ぎますから、なかなか具体的な料金プランまで詳細に担当者に訊いたり、綿密に打ち合わせる時間は無いかも知れません。しかし葬儀業者から思わぬ高い金額を請求されて不快な思いをしないように、意識できる範囲で料金の事を気にしましょう。
「追加料金はありません」とホームページに明記している葬儀業者であっても、「何に対して随時料金が発生するか」を利用者としては確認しておきたいところです。