故人の送り方|新たなお墓の形である納骨堂について考えてみた

新たなお墓の形である納骨堂について考えてみた

故人の送り方

手を合わせる男女

故人を送る場を指す用語として、「通夜」「葬式」「葬儀」「告別式」といった言葉があります。
実はそれぞれの言葉は微妙に、指しているものが違います。一般常識として、今一度これらの言葉の違いを理解しておきましょう。

・通夜とは

通夜とは、その名の通り「故人を夜を通して見守る事」を指します。一般的に葬儀の前夜、故人の親族や知人が一堂に会し、夜を徹して故人の体に邪霊が入り込むことを防ぐとされています。実際には邪霊祓いというよりも、終夜を故人と共に過ごす事で故人との最後の別れを惜しむ儀式となっています。

・葬式とは

葬式は現代では「葬儀」と「告別式」、あるいは「通夜」と「葬儀」と「告別式」といったように、故人を送る場の総称として使われています。つまり、「葬式」は最も意味が広い言葉なのです。

・葬儀とは

葬儀とは、故人をこの世からあの世へと送る宗教的な儀式を指します。お坊さんがお経を唱えるのは故人をこの世からあの世へと送るためですから、お坊さんがお経を唱えていればその場は「葬儀」になります。

・告別式とは

告別式は厳密には葬儀と区別されています。「告別」、つまり「別れを告げる」のは故人の関係者皆とされていますから、皆が順々に焼香を焚く場は「告別式」です。

以上のように、「通夜」「葬式」「葬儀」「告別式」といった言葉には元々それぞれが表す意味があります。しかし近年では皆が忙しくなり時間を短縮するため、「通夜」と「葬儀兼告別式」といった構成を「葬式」とする場合が多いです。