葬式にも色々な形が…|新たなお墓の形である納骨堂について考えてみた

新たなお墓の形である納骨堂について考えてみた

葬式にも色々な形が…

白い花

葬儀の形式には一般的な葬儀(一般葬)の他にも、様々な形式があります。順に見ていきましょう。

・家族葬

家族葬という言葉は、本来は故人の家族、つまり遺族のみで行う葬儀を指します。しかし近年では遺族に加え、親戚や故人と特に親しくしていた人なども加えた「小規模・少人数での葬儀」を家族葬と位置付けています。
「小規模・少人数の葬儀」の定義は各葬儀業者によって様々ですが、一般的には数十名以下での葬儀とされています。近年では核家族化が進んでいる事もあり、首都圏の葬儀の約6割が家族葬となっています。

・社葬

会社が施主となって営まれる葬儀が、社葬です。施主が会社となる葬儀なので、「大規模・大人数での葬儀」となる事がほとんどです。社葬は会社の創業者や経営者など、その会社に大きく貢献した役員・社員が亡くなった場合や、業務中の災害などで社員が殉職した場合に営まれます。
社葬は故人への弔意と敬意を全社的に示すと同時に、故人に代わる継承者を社会に広く知ってもらい、会社のステータスを保つ、という事に主眼が置かれています。また殉職者の社葬についても、会社としての社会的ステータスを外部に示し、社員の士気を高める事が目的です。
そのため社葬は家族葬や一般葬と大きく異なり、社内に葬儀実行委員会などを設置して入念に準備する必要があります。

・密葬

密葬は元々、遺族に親戚や故人と特に親しくしていた人などを加えた「小規模・少人数での葬儀」を指していました。つまり現代での「家族葬」は、元々は「密葬」に該当します。